フラックスシードとチアシードの違いは?徹底検証まとめ!

スーパーフード、ミラクルフードが話題によく上っています。

 

ココナッツオイルやピタヤ、ゴールデンベリーなど様々な食品が取り上げられていますよね。

 

 

海外セレブが愛用していることでもよく話題になるスーパーフード、ミラクルフード。

 

 

今回はその中からフラックスシードとチアシードの違いについて検証してみました。

 

スポンサーリンク

 

フラックスシードとチアシードの違いって?

 

フラックスシードとチアシード。
見た目はまるでゴマのようでフラックスシードもチアシードも良く似ています。

 

 

同じものだと思っている方も少なくないかもしれませんね。

 

ですが、フラックスシードとチアシードは全く違うものです。

 

まずその種が採れる植物自体が違います。

 

フラックスシードはアマ科の一年草、アマから取れる種。

 

寒い地方で栽培されています。

 

 

チアシードはシソ科のミント属の植物でメキシコ中南米で栽培されているものの種です。

 

 

どちらもゴマのような見た目で外殻がついています。

 

ですが、フラックスシードの殻はとても硬いものです。

 

チアシードはそれに比べて殻が硬くなくそのまま食べても栄養を十分に体内に取り込むことができます。

 

 

フラックスシードの殻はすり潰して粉砕してから取り入れないと栄養が十分に取りこめないようなので、フラックスシードを食べる時には気を付けて下さいね。

 

味や香りはフラックスシードも強くありませんが、チアシードはさらに味や匂いにクセがないそうですよ。

 

フラックスシードとチアシードの成分はどうなの?

 

見た目はとても似ているけれど、植物の違いや殻に違いがあるのが分かりました。

 

 

では含まれている成分はどうなのでしょうか。

 

フラックスシードにはオメガ3脂肪酸が含まれています。

 

これはチアシードも同じですよね。

 

チアシードにもフラックスシードにもオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランス良く含まれています。

 

 

ですが、オメガ3脂肪酸はチアシードの方が多く含まれているようです。

 

 

また両方に共通しているのは食物繊維。

 

便秘解消などに効果のある食物繊維はどちらも多く含んでいます。

 

アンチエイジングに効果のある抗酸化物質もチアシード、フラックスシード共に含まれています。

 

どちらも栄養が豊富ですが、チアシードにしか含まれていないものもあります。

 

こんにゃく成分であるグルコマンナンはフラックスシードには含まれていません。

 

グルコマンナンは食物繊維の一種で水分を含んだ時にチアシードが膨らみゼリー状になるあれです。

 

フラックスシードには含まれないので、水を含んでも膨らむことはありません。

 

またチアシードには18種類ものアミノ酸も含まれているんです。

 

逆にフラックスシードにしか含まれていない成分もあります。
リグナンはチアシードには含まれていない成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。

 

リグナンは女性特有の更年期症状や生理前のイライラを軽減させてくれるんです。

 

肌荒れに効果のあるリボフラビンもチアシードにはない成分です。

 

見た目はとても似ていて、成分もとても似ていますがチアシードもフラックスシードもそれぞれにしか含まれていない成分もあるんですね。

 

フラックスシードについては

 

フラックスシードがアトピーに効果的?驚きの効能まとめ!

 

こちらも参考にしてみて下さいね!

 

チアシードについては

 

チアシードが2015年に流行する!どんな効果があるの?

 

こちらにも記載していますので、参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

フラックスシードとチアシード、値段の相場はどうなの?

 

見た目が似ているフラックスシードとチアシード。

 

成分もとても良く似ていますが、違いもあることが分かりました。

 

では購入するときの金額にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

輸入食品で人気のカルディではチアシードの取扱いはあるようですが、残念ながらフラックスシードの取扱いはないようです。

 

ちなみにカルディのチアシードは

 

アルムチアシード 200g 1058円(税込)

 

ピンクと白の包装のチアシード

画像引用元:http://kaldi-online.com/item/4571182558055.html

 

研光通商 サルバチア(サルバチアシード) 200g 1404円(税込)

 

緑の包装のサルバチアシード

画像引用元:http://kaldi-online.com/item/4582476890027.html

 

の2種類があるようです。

 

同じく輸入食品で人気の成城石井でもチアシードの取扱いはありますが、フラックスシードは取扱いが確認できませんでした。

 

どうやらフラックスシードは現在日本では輸入に規制がかかっているようです。

 

なので、ローフードを取り扱う店舗やオーガニック食品を扱う店舗でなら取扱いがあるかもしれませんが、どこでも気軽に・・・というわけにはいかないようです。

 

 

楽天では亜麻の実、フラックスシードが1kgで4536円(税込)で販売されています。

 

1kgなのでかなりの大容量ですね。
料理には炒めたり加熱をしてから使用して下さい、と記載がありました。

 

軽く炒ってからすり潰して食べている方もいるようですよ。

 

オーガニック・ゴールデンフラックスシードミール 336g 1480円(税込)

 

こちらは粉になっているフラックスシードです。すでに粉になっているのならそのまま食べられていいですよね!

 

すり潰す必要もないのでとても手軽だし、金額もチアシードと変わらず手に取りやすいと思います。

 

チアシードに比べてフラックスシードは手に入れるのが難しいかもしれません。

 

なのでネットなどを利用して購入するのが良さそうですね。

 

 

金額的にはフラックスシードもチアシードもあまり大きな差はなさそうです。

 

本日のおさらい

 

今回はフラックスシードとチアシードの違いについて、成分や見た目、金額などについてご紹介しました。

 

 

フラックスシードもチアシードも成分は似ていますが、それぞれにしか持っていない成分もあるんですね。

 

なので、使い分けても良さそうですよね。

 

空腹感を和らげる為には水分につけたチアシードで満腹感を出すのも良いですよね。

 

 

サラダなどには使いやすいタイプのフラックスシードミールなどを利用するのも良さそうですよね。

 

フラックスシードもチアシードもとても体にいいものです。

 

上手く使い分けて活用してみて下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ