レンコンパウダーの効果的な使い方は?作り方や販売店まとめ!

レンコンに含まれる高い栄養価を気軽に摂取できると話題のレンコンパウダーですが、

 

 

レンコンパウダーの効果的な使い方は?自分で作れたりするの?と気になっている方が多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、レンコンパウダーの効果的な使い方や作り方、また販売店をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

レンコンパウダーの効果的な使い方は?

 

 

renkon1

画像引用元:http://m-news.xyz/wp-content/uploads/2015/08/WS000032.jpg

 

レンコンには体内の粘膜を保護する作用や、免疫力を高めてくれる作用によって様々な病気の予防効果、また便秘解消や美肌効果などがあります。

 

 

そんなレンコンの効果や効能を損なうことなく、より手軽に摂取できるよう粉末状にしたレンコンパウダーの1日の摂取量の目安は、3g~5g(小さじ1杯程度)とされています。

 

 

それではここからは、レンコンパウダーの使い方をいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

◆パンやヨーグルト、お菓子などに混ぜる

◆水分を含むと粘り気が出るので、ハンバーグの繋ぎとして使用

◆とろみが出るので、片栗粉の代わりとして使用

◆70℃程のお湯に混ぜ、お好みで砂糖を足してレンコン湯にして飲む

 

いかがですか?使い方はとても簡単ですね。もちろんこの他にも様々な料理に使えるので、

 

自分なりに工夫して試してみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

ただし、レンコンパウダーを摂ったからといってすぐに効果が実感できるわけではないので、レンコンパウダーの効果的な使い方とし最も大切なことは「毎日続けて摂取する」ことです!

 

 

レンコンパウダーは自分で作ることは可能?

 

さて、ここで気になってくるのが自分でレンコンパウダーを作ることは可能なのか、ということではないでしょうか。

 

 

実はレンコンパウダーを自分で作ることは可能なのです。そこでここからは、レンコンパウダーの作り方を紹介していきたいと思います。

 

 

◆作り方その1◆

 

①レンコンを洗って水気を切った後、皮を剥かず2mm~3mmの厚さで切る

②大体1週間程、日当たりの良い場所で乾燥させる

③レンコンが乾燥して水分がしっかりと抜けているのを確認後、フードプロセッサーで粉砕して粉状にする

 

◆作り方その2◆

 

①レンコンを洗って水気を切った後、皮を剥かず2mm~3mmの厚さで切る

②キッチンペーパーの上にレンコンが重ならないように並べる

③600Wの電子レンジで100gにつき2分ラップをせず加熱

④加熱後キッチンペーパーで水分を拭き取る

⑤クッキングシートを敷いたバットに並べて1日~2日室内に置いて乾燥させる

⑥しっかりと乾燥しているのを確認したら、フードプロセッサーで粉砕して粉状にする

このように作り方は2通りあるので、自分が作りやすいほう法を選んで作ってみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

レンコンパウダーはどんな販売店がある?

 

レンコンパウダーの作り方はわかったけれど、やっぱり自分で作るのは大変だから市販のものを購入したい、という方もいらっしゃると思います。

 

 

ですが、いざレンコンパウダーを購入しようとしても、スーパーで販売しているのを見かけることはあまりないですね。

 

 

そこでレンコンパウダーを購入するには、どんな販売店があるのかを調べてみました。

 

 

まず実際に手にとって購入したいという場合ですが、自然食品や健康食品を取り扱っているお店でレンコンパウダーを置いてあるという所が多いようです。

 

 

ただし、取り扱いのないお店もあるので事前に確認して行くことをおすすめします。

 

次にレンコンパウダーを確実に購入したいという場合には、やはりネットでの通販ですね。

 

 

ネット通販は様々な種類のレンコンパウダーが売られているので、自分が納得したものを購入できるというメリットもあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

本日のまとめ

 

として、レンコンパウダーを購入するにはどんな販売店があるのか、また自分で作ることも可能だということがわかりました。

 

 

そして毎日使い続けることで、健康な体作りに効果を発揮してくれるレンコンパウダー。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ