プルーンは妊娠中でも摂取可能?便秘解消にもおすすめ?

妊娠が分かると食べるものに気を遣ったり、体調を気遣ったりと気になるところがたくさん出てきますよね。

 

 

鉄分が豊富で貧血予防にもなるというプルーンは妊娠中でも食べることができるのでしょうか?

 

 

 

また妊娠中は便秘にも悩むことが増えてきますが、プルーンは便秘解消にも効果が期待できるようです。

 

 

 

今回はプルーンは妊娠中でも食べることができるのか、便秘解消にもおすすめなのかをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

プルーンって妊娠中でも摂取可能?

 

 

プルーン

画像引用元:http://peco-japan.com/51514

 

鉄分や栄養がとても豊富でおやつ感覚で気軽に食べることができるプルーン。

 

 

 

妊娠するとNGな食べ物も出てくるので、それまで栄養補給に食べていたものも食べられるのかどうか心配になりますよね。

 

 

 

プルーンは妊娠中でも食べることができます。

 

 

 

つわりで食べ物が食べられず栄養が不足し、貧血を起こしてしまう方も多いようなのでプルーンがつわり中でも食べられるのならしっかり食べていきたいですね!

 

 

プルーンは生のプルーンを食べるよりも乾燥させたドライプルーンのほうが栄養価が高く、ビタミンB6は約5倍、カリウムは約2倍にもなるそうです。

 

 

プルーンを食べる時にはドライプルーンを選ぶようにしましょう。

 

 

ですが、プルーンを食べる際には少しだけ注意も必要です。

 

 

プルーンにはソルビートという下剤成分が含まれています。

 

 

このソルビートは下剤薬や便秘薬にも使用されている成分です。

 

 

 

妊娠初期に下痢が続いてしまうと流産しやすい、妊娠中に下剤薬を飲むと流産しやすくなるとも言われています。

 

 

プルーンを食べ過ぎてソルビートを摂りすぎてしまうことはあまりいいとは言えないですね。

 

 

 

またプルーンにはビタミンAが豊富に含まれています。

 

 

ビタミンAを妊娠中に摂りすぎてしまうと胎児の奇形や先天性異常の障害を持って生まれてきてしまう可能性があります。

 

 

ですが、ビタミン剤などで摂取するほどの危険な量はプルーンには含まれていないので、1日10個ほど食べても大丈夫そうです。

 

 

 

そしてプルーンには糖質が豊富です。

 

 

食べ過ぎると糖質の摂り過ぎで太りやすくなってしまいます。

 

 

妊娠中は体重管理も大変ですよね。

 

 

私も6ヶ月くらいの頃に体重が増加しすぎて食事指導を受けました。

 

 

 

妊娠中にプルーンを食べることは可能ですが、食べ過ぎには気を付けたほうが良さそうですね!

 

 

 

ちなみに1日2~3個を目安にするといいそうですよ!

 

 

 

プルーンは便秘解消にもおすすめ?

 

 

鉄分や栄養を手軽に補給できるプルーン。

 

 

食べ過ぎに気を付ければ妊娠中でも貧血予防や栄養補給などをすることができるので嬉しいですよね!

 

 

そんなプルーンは便秘解消にも効果が期待できるそうです。

 

 

妊娠中には便秘で悩むことが増えますよね。

 

 

実際私も妊娠中は便秘でしたし、私の友人もさらに酷い便秘に悩んでいました。

 

 

今までは便秘なんか気にしなくてよかったのに・・・という方でも妊娠中は便秘に悩まされてしまいます。

 

 

 

プルーンには食物繊維とソルビートが豊富に含まれていることが便秘解消に役立つそうですよ!

 

 

ソルビートは先ほども少しご紹介しましたが、便秘薬や下剤薬にも使用されているお腹をゆるくする作用のある糖質の一種です。

 

 

ソルビートは体内に吸収されにくく、便として排出されます。

 

 

その際に大腸内の水分を集めてくれるので、水分を多く含んだやわらかい便にしてくれるんですよ。

 

 

 

そして食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。

 

 

不溶性食物繊維は水には溶けない食物繊維で、水分を含むと膨らんだまま消化されないので、便の中に水分を保ってくれ腸管に詰まりにくい便の柔らかさを保ってくれます。

 

 

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維です。

 

 

水を含むとゲル状に変化します。

 

 

このゲル状の食物繊維は腸の内容物と一緒になり腸管内の移動をゆっくりとさせます。

 

 

血糖値の急激な上昇やコレステロールの上昇を防いでくれる効果もあります。

 

 

また食物繊維は食べ物に添加されている化学物質などの有害物質を便と一緒に排出してくれる効果もあります。

 

 

食物繊維を摂ることでデトックスができるのは嬉しいですよね!

 

 

水溶性、不溶性の両方の食物繊維が含まれていることで、しっかりと便秘解消に効果を発揮してくれるんですね!

 

 

妊娠中は薬を飲むことができなかったり、薬を飲むことをしたくないという方も多いですよね。

 

 

プルーンで食物繊維を効率よく摂ることで便秘解消ができるのはとても嬉しいですよね!

 

 

スポンサーリンク

 

ヨーグルトに混ぜたりすると食べやすい?

 

 

プルーンが妊娠中にも食べることができ、栄養価も高く便秘解消にも効果がある!

 

 

と分かってもなかなか続けては食べられない、プルーンが苦手という方もいらっしゃいますよね。

 

 

 

そういう方はヨーグルトに混ぜて食べるのがおすすめです!

 

 

ヨーグルトに混ぜることで食べやすくなり、さらにプルーンの食べ過ぎも予防することができます。

 

 

プルーンをそのままヨーグルトに入れるのではなく、ドライプルーンを刻んでヨーグルトに混ぜるとより食べやすくなるそうです。

 

 

そしてヨーグルトに混ぜることで食べやすくなるだけではなく、より便秘解消に効果が期待できるんです。

 

 

ヨーグルトも便秘解消に効果が期待できますよね!

 

 

妊娠中は栄養補給のためにもヨーグルトを食べているという方も多いかと思います。

 

 

普段食べているヨーグルトにドライプルーンを加えるだけならとっても簡単ですよね!

 

 

それでも食べにくいという方はヨーグルトに刻んだドライプルーンを混ぜて一晩置くことでよりマイルドになって食べやすくなるそうなので試してみて下さいね!

 

 

本日のおさらい

 

今回はプルーンについて妊娠中でも食べることができるのか、便秘解消にもおすすめなのか、ヨーグルトとの相性についてご紹介しました。

 

 

プルーンは一度にたくさん食べるのではなく毎日少しずつ続けて食べることで効果が期待できるそうです。

 

 

妊娠中でも食べられてしかも、辛い貧血や便秘の症状に効果が期待できるのは嬉しいですよね!

 

 

妊婦さんはもちろん、普段からプルーンをおやつ代わりやデザートとして少しずつ生活に取り入れていくと良さそうですよね。

 

 

プルーンについては

 

プルーンは貧血に効果あり!鉄分が豊富に含まれてる?

 

 

にも記載していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ