プルーンは貧血に効果あり!鉄分が豊富に含まれている?

一時期流行したプルーン。

 

 

食べていた!今でも食べている!という方も多いのではないでしょうか?

 

 

私もプルーンが好きでした。

 

 

 

手軽に食べることができるプルーンは貧血に効果があるのでしょうか?

 

 

貧血で悩んでいる方も多いですよね。

 

 

今回はプルーンは貧血に効果があるのか、鉄分が豊富なのかなどをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

プルーンは貧血に効果がある?

 

 

貧血の女性

画像引用元:https://www.ishamachi.com/?p=4188

 

おやつ感覚で食べることができるプルーン。

 

 

以前大流行し、一家に一瓶プルーンがあったなんて家庭も多いのではないでしょうか?

 

 

我が家も昔はプルーンをよく食べていました。

 

 

手軽に食べることができるプルーンは貧血にも効果があると言われています。

 

 

貧血で悩んでいる方は意外と多いですよね。

 

 

女性は特に貧血になりやすいと言われています。

 

 

そんな辛い貧血にプルーンは効果があるのでしょうか?

 

 

 

プルーンはスモモの近縁種でセイヨウスモモなどの総称です。

 

 

中心に大きな種を持っていて梅の実のように種と果実がくっついているものが多いのが特徴です。

 

 

プルーンに含まれている鉄分は赤血球やヘモグロビンを新規に合成する能力が高いと言われています。

 

 

血液の主成分は赤血球なので、赤血球が合成されやすくなるということは貧血にも効果が期待できるということですよね。

 

 

またプルーンには鉄分だけでなくそれ以外の栄養素も豊富なので注目されているんですよ!

 

 

 

おやつ感覚で食べられるのも鉄分や栄養を手軽に摂ることができるのでいいですよね。

 

 

 

そもそも貧血ってどうしてなるの?

 

 

立ちくらみや息切れ、動悸、倦怠感など辛い症状の多い貧血。

 

 

女性に多いというイメージがありますよね。

 

 

貧血悩まされている方がとても多いですが、そもそもどうして貧血になるのでしょうか?

 

 

貧血は血液が薄くなってしまう症状のことを言います。

 

 

血液が少なくなり体中に上手く酸素を運ぶことができなくなり酸欠状態を起こしてしまうのが貧血です。

 

 

貧血にも種類がありますが、一番多いのが食生活によって鉄分不足になってしまうことで起こる鉄欠乏性貧血です。

 

 

食生活の乱れで鉄分やたんぱく質、ビタミンB12、葉酸が不足することで赤血球が作られなくなってしまいます。

 

 

血液の主成分である赤血球が作られなくなるので、血液不足になってしまうんです。

 

 

ダイエットなどでも鉄欠乏性貧血は引き起こされてしまうんですよ。

 

 

この鉄欠乏性貧血は女性に多く見られる貧血です。

 

 

ダイエットだけではなく、女性は月経や妊娠、出産などで血液を失いますよね。

 

 

なんと女性の5人に1人は貧血予備軍とも言われています。

 

 

女性は妊娠すると胎児にも栄養と酸素を届け続けなければいけません。

 

 

多くの血液も必要になります。

 

 

そのようなことから妊娠中にも鉄欠乏性貧血になってしまいます。

 

 

授乳中も血液が多く必要になり、貧血になりやすいそうです。

 

 

実際に私も授乳中は立ちくらみを感じることが多かったです。

 

 

 

他には病気や月経によって出血が続くことでの出血性貧血、ビタミンB12、

 

葉酸が足りないことによる赤血球の成熟障害で起こる巨赤芽球性貧血ビタミンB12の吸収阻害で起こる悪性貧血、

 

 

先天性や薬、自己抗体などによる後天的な赤血球の破壊が原因の溶血性貧血、血液細胞が減少してしまう病気である再生不良性貧血などがあります。

 

 

これらの鉄欠乏性貧血以外の貧血は病院での治療や薬での治療、手術などが必要になってきます。

 

 

 

忙しくてなかなかしっかりと食事が取れなかったり、ダイエットでの栄養不足や妊娠などが大きな貧血の原因となるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

プルーンには鉄分が豊富に含まれる?

 

貧血には鉄分が必要だということが貧血の原因から分かりますよね。

 

 

鉄分を積極的に摂るためにサプリメントなどを愛用している方も多いのではないでしょうか?

 

 

プルーンには他の果物よりもたくさんの鉄分が含まれています。

 

 

生の状態のプルーンで0.3mg、乾燥したプルーンで1.0mgほどの鉄分が含まれているそうです。

 

 

人間が一日に必要な鉄分の摂取量は男性で10mg、女性で15mgほどなのでプルーンだけで補うのはとても大変ですが、

 

 

先ほどもご紹介したとおりプルーンに含まれる鉄分は赤血球やヘモグロビンの新規合成の能力が高いので、

 

 

普段の食事の補助としてプルーンを食べることでしっかりと貧血予防をすることができるのではないでしょうか?

 

 

普段おやつを食べているところをプルーンに変えればそれだけで鉄分や栄養がしっかりと補えますよね。

 

 

プルーンには鉄分だけでなくビタミンA、ビタミンB6、ナイアシン、カリウム、カルシウム、ペクチン、水溶性食物繊維も豊富に含まれているので女性には嬉しいおやつになると思います。

 

 

また貧血予防をするためには大量のプルーンを一度にたくさん食べるよりもしっかりと毎日継続して食べるほうが効果的ですよ!

 

本日のおさらい

 

今回はプルーンは貧血に効果があるのか、貧血にはどうしてなってしまうのか、プルーンには鉄分が多いのかなどをご紹介しました。

 

 

プルーンは気軽に食べることができ、おやつの代わりにもなりますがなかなか食べる機会がない、と言う方も多いのではないでしょうか?

 

私も以前は食べていましたが、最近では全く食べる機会がなく過ごしています。

 

 

貧血は女性は特に気を付けたい症状ですよね。

 

 

私も貧血で倒れた経験や妊娠、出産、授乳で貧血気味になった経験があります。

 

私の友人も先日出産後に酷い貧血で動けずにいました。

 

 

辛い症状の伴う貧血。

 

毎日プルーンを取り入れることで改善していけるのならとても簡単ですよね!

 

 

おやつの時間に食べるスナック菓子や洋菓子などを少し減らして、プルーンをおやつとしてまたデザートとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ