マスタークレンズのリバウンドの危険性は?復食メニュー紹介!

夏に向けてダイエットを始めている方も多いですよね。

 

 

私も今年の夏は水着を着ようと思いダイエットを始めました。

 

 

ダイエットの情報もたくさん出ていますが、皆さんは今年はどんなダイエットをされますか?

 

 

最近では海外セレブやモデルさん達の間で話題になっているマスタークレンズが注目されています。

 

 

今回はマスタークレンズでリバウンドはしないのか、復食のメニューなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

マスタークレンズって何?

 

リバウンドを気にする女性

画像引用元:http://www.nutrilite.jp/content/nt/supplement/blog/diet/rebound.html

 

海外セレブやモデルさん達の間で話題になっているというマスタークレンズ。

 

 

ビヨンセさんが10日間で-9キロもの減量に成功されたそうです。

 

 

マスタークレンズの本来の目的は内臓を休ませ身体に蓄積されている毒素を排出しデトックスを行うことで身体を内側からキレイにすることです。

 

 

ここ数年、プチ断食やファスティングと呼ばれるものが流行していますが、それに似たような感じですね。

 

 

マスタークレンズではある一定の期間食べ物を一切摂らず手作りのレモネードのみで過ごします。

 

 

また朝起きてすぐに塩水での腸内洗浄を行うのも特徴ではないでしょうか?

 

 

 

ダイエット効果はもちろんデトックス効果、便秘の解消、美肌、免疫力の向上など様々な美容や健康にいい効果が期待できるんですよ。

 

 

マスタークレンズはSNSなどでも話題になっていて実際に痩せたという方や体調が良くなった、頭がスッキリした、という声も多いんですよ。

 

 

 マスタークレンズはリバウンドしないの?

 

 

ダイエットをするうえで気になるのはやはりリバウンドではないでしょうか?

 

 

痩せてもダイエットが終わってしばらく経つと元に戻るどころか余計太ってしまったという経験をしたことがある方も多いですよね。

 

 

マスタークレンズは食事を一切摂らずにレモネードだけで過ごすというダイエット方法です。

 

 

このような食べる量を極端に減らすダイエットはどうしてもリバウンドの可能性が高くなってしまいます。

 

 

ダイエット中に入ってくる栄養が少ないので、身体が飢餓状態になり少しの栄養でもしっかりと溜め込もうとしてしまうのが原因です。

 

 

またマスタークレンズでは腸内の宿便などをキレイに流してしまう効果があります。

 

 

このようなデトックス効果で腸が健康な状態になり栄養の吸収が良くなります。

 

 

なので、マスタークレンズではレモネードだけを飲む期間も大切ですがその後の復食の期間がとても大切になります。

 

 

この復食に失敗してしまうとかなりの高確率でリバウンドしてしまうんだそうです。

 

 

レモネードのみを飲んで過ごしていた期間が終わるとどうしても好きなものを食べたくなってしまいますよね。

 

 

ですが、先ほどもお伝えした通りマスタークレンズ後は栄養を吸収しやすい状態になっています。

 

 

この状態でマスタークレンズの前と同じような高カロリーなものを詰め込んでしまうと胃腸に負担をかけてしまうだけではなく食べたものをしっかりと吸収してしまうので、リバウンドしやすいんです。

 

 

復食までがマスタークレンズの一連の流れだとしっかりと心において、すぐに食べたい気持ちを抑えしっかりと3~4日の復食期間を過ごしましょう。

 

 

 

またマスタークレンズの後は一時的に胃が小さくなっている状態です。

 

 

復食の期間もマスタークレンズの前に比べると食も細くなっています。

 

 

復食の期間が終わって気が緩み好きなだけ食べてしまっているとこれもリバウンドの原因になりかねません。

 

 

いつまでも食事制限をしないといけないわけではありませんが、マスタークレンズをしっかりと終了できた記念に、食生活や生活習慣を見直してみるのもいいかもしれませんね!

 

 

また継続して効果を持続させたいのなら1ヶ月に1度、3日程度のマスタークレンズがいいそうですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

マスタークレンズの復食のメニュー紹介!

 

レモネードだけを飲んで一切食事を摂らない期間を過ごすマスタークレンズ。

 

 

その後、大切な復食の期間がきます。

 

 

復食は回復食や捕食期間とも呼ばれていますよね。

 

リバウンドを防ぎ、胃腸に負担を与えない為にも重要な復食の期間にはどのようなメニューを食べればいいのかご紹介します。

 

復食の期間はしっかりと3~4日取ることが大切です。

 

マスタークレンズの期間が長ければ長いほど復食の期間も長めに取るほうがいいかもしれませんね。

 

レモネードのみの期間が終わったらまず一日目はオレンジジュースだけを飲みます。

 

オレンジジュースは新鮮なものが良く、好きなだけ飲んで大丈夫です。

 

復食2日目は朝、昼はまたオレンジジュースを飲みます。

 

夕食時では野菜スープなど柔らかくした野菜を食べていいそうです。

 

3日目は朝はオレンジジュース、昼は野菜スープ。

 

夜は野菜スープに加え、新鮮な野菜と果物を少しずつ摂るようにしましょう。

 

4日目からは通常の食事に戻って大丈夫です。

 

 

基本的にはこのような流れになるようです。

 

 

2日目の夕食に食べる野菜スープは食べたい野菜を入れてOKです。

 

 

味付けは塩、好みのスパイスのみでしましょう。

 

また4日目に通常の食事に戻りますが、肉や加工食品、乳製品、小麦などはまだ避けたほうが良さそうです。

 

 

また1日目から野菜スープを作り野菜スープの具は入れずにスープのみを飲む方法もあるようです。

 

2日目、3日目とスープの具や野菜、果物などを増やしていき4日目あたりからはお粥を取り入れます。

 

 

お粥などはプチ断食、ファスティングでも回復食として食べられていますよね。

 

オレンジジュースから始めて4日目で通常の食事ではなくお粥を取り入れても良さそうですよね。

 

 

また復食中に体調が悪くなった場合は一度レモネードに戻すといいそうです。

 

 

大切な復食の期間。

 

胃腸に負担のかからないもの、を基本とししっかりと期間を守ってリバウンドしないよう、また体調を崩さないように気を付けましょう。

 

マスタークレンズ中に体調が悪くなり予定よりも早めにレモネード生活を切り上げた場合でも復食期間は必要ですので、注意して下さいね。

 

本日のおさらい

 

今回はマスタークレンズについてリバウンドをしたりしないのか、復食のメニューなどをご紹介しました。

 

復食期間をしっかりと過ごすことでリバウンドを防げるんですね。

 

 

レモネードのみで過ごしていたのに突然普通の食事を摂るのはやはり胃腸にも負担がかかってしまうんですね。

 

 

レモネードのみで過ごした後はついつい我慢していた大好物や甘いものを食べたくなってしまいそうですが、準備期間、復食期間も含めてマスタークレンズダイエットであることをしっかりと意識しておきたいですね。

 

せっかくレモネードのみで頑張った期間を無駄にすることがないよう、復食期間をしっかりと過ごすよう心掛けましょう。

 

 

マスタークレンズについては

 

マスタークレンズダイエットの効果ややり方は?口コミまとめ!

 

マスタークレンズに使うレモネードの作り方は?作り置きできる?

 

にも記載していますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ