マキベリーに副作用の心配はない?人気の商品まとめ!

マキベリーは、その名のとおりベリー系のフルーツです。

 

ストロベリー、ブルーベリー、ビルベリー、ゴジベリーなど、ベリー系のフルーツは私たち日本人にとっても特に人気の高いフルーツですね。

 

毎日のように食べるという人もたくさんいることでしょう。

 

ベリー系のフルーツの特徴は、なんと言ってもその栄養価の高さです。

 

ビタミンやミネラルはもちろん、カロチンやアントシアニンなど抗酸化作用に優れた成分が豊富に含まれています。

 

 

 

これらの栄養素は、カラダの「サビ」を取り除いてくれる効果が期待できるので、ついついたくさん食べてしまいがちです。

 

 

でも食べ物は良い面ばかりではありません。

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、ときには副作用もあります。

 

この点マキベリーはどうでしょうか。食べ過ぎた場合、健康に悪い影響はあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

マキベリーに副作用の心配はあるの?

 

検索サイトに「マキベリー 副作用」と入力しても、「食べ過ぎて体調を崩した!」とか「アレルギーになった」とかいう体験談は見当たりません。

 

 

 

成分を調べてみても、通常の摂取量で体調を悪化させるようなものはまったく含まれていません。

 

またマキベリーは人工栽培が難しく、野生そのままの果実を手摘で収穫しています。そのため農薬の心配はありません。

 

 

ただし海外から輸入される生のフルーツは、腐食を防ぐため微量の防腐剤が使用されることがあります。

 

これをポストハーベストといいます。

 

マキベリーの生の果実は現地で消費されてしまいますから、私たちが日本で購入できるのは、粉末に加工された製品やエキスを使用したサプリメントです。

 

したがってポストハーベストの心配はしなくて大丈夫です。

 

 

このように、マキベリーは安心して食べることができる食材といってよいでしょう。

 

ただし、マキベリーはフルーツですので果糖がたくさん含まれています。食べ過ぎれば中性脂肪が増えてしまい、肥満の原因となりますので注意してください。

 

またどんな食べ物でもそうですが、アレルギーの有無については注意が必要です。

 

マキベリーについては、

 

マキベリーは2015年人気になるの?驚きの効用まとめ

 

こちらでもその効用について紹介しています!

 

希少なフルーツマキベリーには、どんな人気商品があるの?

 

 

いま国内で流通しているマキベリーは、フリーズドライした果実を粉末に加工したパウダーか、エキスをサプリメントに加工したものか、そのどちらかです。

 

オーガニックマキベリーパウダー

画像引用元:〈オーガニックマキベリーパウダー〉
サンフードスーパーフーズ http://sunfoodsuperfoods.jp/?pid=66170946

 

マキベリーはごく限られた土地でしか生育していない希少なフルーツなので、生のマキベリーを食べることは難しいでしょう。

 

 

しかし、フリーズドライ製品は熱を加えていないので、生の果実に匹敵するビタミンやポリフェノールを摂取することができます。

 

 

エキスをドリンクや錠剤にしたサプリメントも売られています。

 

 

サプリメントは調理の手間がいらないので、手軽に有効成分を摂取できるという利点があります。

 

ただ、サプリメントは原料を加熱処理していることが多いので、有効成分を効果的に摂取したいのであればパウダーをおすすめします。

 

マキベリーのパウダーについては、

 

マキベリーパウダーはサンフードが良い?通販情報まとめ!

 

こちらを参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

 

マキベリーパウダーはいろいろな使い方ができます。

 

 

ブルーベリーやアサイーのパウダーは、スムージーにしたりヨーグルトに混ぜたりして食べる人が多いですね。

 

 

それと同じように、マキベリーのパウダーもスムージーなどの材料として便利に使うことができます。

 

夏には自家製のアイスクリームに混ぜて楽しむのみいいですね。

 

ほのかな甘さとさっぱりした酸味があるので、市販の青汁の苦味を緩和するために使う人も多いようです。

 

 

マキベリーパウダーはまだ流通量がそれほど多くないので、ブルーベリーやゴジベリー、アサイーのパウダーなどに比べると値段も高めです。

 

 

ですが、健康や美容に有効な抗酸化パワーがずば抜けているためか、最近は口コミでじわじわ人気が上昇しています。

 

ですので、これからますます需要が増えていくと予想されます。需要が増えれば取り扱い業者も増え、市場競争により値段も下がっていきます。

 

あと2~3年もすれば、マキベリーは日本人にとってぐっと親しみやすい食材になっていることでしょう。

 

本日のおさらい

 

マキベリーはとても安全な食べ物であり、副作用の心配はまったくありません。

 

 

果実そのままをいただくことはできませんが、パウダーなどの加工食品をうまく使えばスーパーフルーツの恩恵を十分に受けることができますので、毎日の健康づくりに役立ててみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ