冷凍ピタヤとは?人気の食べ方やレシピってあるの?

美容、健康に効果のあるピタヤ。

 

ハワイではすでに人気のフルーツで、

 

 

ピタヤボウルなども販売されていますよね。

 

日本でもすでにピタヤが注目され始めています。

 

今回は冷凍ピタヤについて、人気の食べ方やレシピをご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

冷凍ピタヤとは?

 

冷凍ピタヤ。

 

この言葉を聞いて何を想像しますでしょうか?

 

文字の通り凍ったピタヤを想像しますよね。
実際は冷凍ピタヤで検索をするとピューレ状にされて冷凍されたピタヤと、カットされて冷凍されたピタヤの両方が出てきます。

 

袋入りの冷凍されたピューレ状で、赤っぽいピンクの綺麗な色をしていますよ。

 

ピタヤは美容、健康に効果のあるフルーツ!

 

2014年に流行したアサイーを超えるとも言われていますね。
強い抗酸化作用を持つのは中身も真っ赤なレッドピタヤなので、間違わないようにしてくださいね。

 

ドラゴンフルーツと呼ばれる果実

画像引用元:http://news.selfdoctor.net/2014/09/29/3169/

 

もちろん、ベタシアニンを含まないだけで他のピタヤにも素晴らしい栄養はたくさん含まれています。

 

ピタヤの効果については

 

2015年はピタヤが流行するのか?その理由を独自検証!

 

こちらも参考にしてみて下さいね。

 

ピューレ状になっていて冷凍されているのなら保存も効くし使いやすいですよね。

 

冷凍ピタヤはネット通販でも購入することができます。

 

ピタヤの通販情報は

 

ハワイでも人気のピタヤボウルがおすすめ!通販情報まとめ!

 

こちらにも記載がありますので、ぜひ見てみて下さいね。

 

ピューレ状の冷凍ピタヤを使った人気の食べ方は?

 

冷凍ピタヤはピューレ状にして冷凍されているので、使い方も簡単です。

 

冷凍ピタヤを少し解凍して、手で揉んでシャーベット状にしてフルーツなどにかけて食べることもできます。

 

ヨーグルトにソースとしてかけてもおいしそうですよね。

 

シャーベット状のピタヤもおいしそうだし、使いやすそうですね!

 

夏の暑い時期は特に食べやすそうです。
また半解凍してスムージーに使用することもできます。

 

半解凍した冷凍ピタヤとフルーツなどを軽くミキサーにかければ出来上がりです。

 

簡単に使えますね!

 

もちろん人気のピタヤボウルにも使えます。

 

ピューレとヨーグルトをミキサーにかけてグラノーラやフルーツと合わせたり、ピューレとバナナをミキサーにかけてもいいですね!

 

袋ごと流水にあてるだけでもジェラート状まで解凍できるようなので、そのまま利用するのもいいかもしれませんね。

 

冷凍ピタヤを遣えば簡単においしいピタヤボウルやスムージーが楽しめそうです!

 

スポンサーリンク

 

カットされた冷凍ピタヤはどう使うの?

 

カットされた冷凍ピタヤもスムージーやピタヤボウルに向いてますよね。

 

 

半解凍したカット冷凍ピタヤを牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかければピタヤスムージーに。

 

半解凍したカット冷凍ピタヤをヨーグルトやバナナとミキサーにかければピタヤボウルに!

 

冷凍していることを活かして、半解凍にすればシャリシャリの食感が楽しめますよね。

 

冷凍されたピタヤを一口大にカットすればそのままピタヤアイスとしても楽しめそうです。

 

暑い夏にはヘルシーで栄養のあるアイスは嬉しいですね。

 

ピタヤのアイスは食べられている方が多いようです。
もし冷凍されていないものを冷凍保存する場合には冷凍前にはちみつをかけると子供向けの甘いアイスが出来上がるそうですよ。

 

冷凍させたピタヤをそのままアイスにしたけど甘味が足りない・・・という方は少量のコンデンスミルクをかけてもおいしいそうです。

 

かけすぎるとダイエットにならないので、気を付けてくださいね。

 

カットされた冷凍ピタヤもさまざまなスイーツとして楽しめそうですね。

 

本日のおさらい

 

今回は冷凍ピタヤについて人気の食べ方やレシピをご紹介しました。

 

ピューレ状でもカットものでも冷凍なりの使い方や簡単な使い方があるようですね。

 

作りたいもの、食べたいもので用途ごとに冷凍ピタヤを使い分けるといいと思います。

 

冷凍ものなら日持ちもしますし、原産地から多少距離がある場所でも安心して購入することができますよね!

 

通販で購入できるのも嬉しいです。

 

私もさっそくピタヤを取り入れてみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ