ココナッツミルクは危険な副作用がある?保存方法まとめ!

ココナッツミルクは、中鎖脂肪酸が体脂肪を燃やしてくれて、ダイエット効果があったり、便秘解消、生活習慣病予防、免疫力を高める、美肌効果、甲状腺機能の低下改善、活性酸素の除去、認知症予防、心臓血管疾患のリスク低下などなど…体に良くて、最近一気に注目を浴びています。

 

そんなに良いものなら、是非私も!と思うのが世の常ですよね。

 

でもちょっと待って!

 

長所と短所は紙一重とも言います。危険な副作用などは大丈夫なんでしょうか?

 

 今回はココナッツミルクに危険な副作用がないかや保存方法を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

 

ココナッツミルクは危険なの?

 

coconutsmilk

画像引用元:http://taspy.jp/28409

 

お薬ですと、用法・容量を正しく守らないと、副作用があり、危険を伴う場合がありますよね。

 

ココナッツミルクのように、これだけ体に良い作用を得られるものなら、副作用もあるんじゃないか?と疑いたくもなります。

 

実際の所、ココナッツミルクも1日の理想摂取量と言うものはあり、1日300mlといわれています。

 

現産地の人達のように、ココナッツミルクに馴染みのある人達なら、もっと多く摂取していて、統計的に見ても、健康な人が多いと言われています。

 

ただしどのような食品でも、アレルギー反応など、人それぞれなので、初めて食べる時には、少量づつ様子を見て欲しいと思います。

 

口からの摂取だけでなく、皮膚に塗布する場合でも同じことです。

 

ココナッツミルクはとくに副作用などは、気をつけなくていい?

 

基本的には、お薬ではないので、副作用はありません。

 

ですが先にお伝えした様に、初めての食品は、自分の体に合うかどうか、初めは少量から試してみることが大切です。

 

ココナッツミルクも、人によっては、稀にアレルギーや好転反応(新しいものに対して最初に起こる、一時的な反応。)などが起こる場合があるのは事実です。

 

好転反応であれば1〜2週間程度で自然と治まりますが、症状がひどい場合は、摂取をやめて、受診することをおすすめします。

 

・アレルギー⇒湿疹、下痢、皮膚炎、アナフィラキシーなど

 

※経皮感作といって、ココナッツミルクを皮膚に塗布していて、皮膚から成分を吸収していくうちに、いざココナッツミルクを口から摂取した時、敏感に反応し、アレルギー反応が出るという場合もある。

 

・毛穴が詰まる⇒ココナッツミルクを塗った場合、毛穴に詰まり、ニキビや肌荒れの原因になる場合がある。

 

・ケトン体が増える⇒口臭や体臭がきつくなる。(適度な運動で改善が期待できるそうです。)

 

・代謝性アシドーシス⇒ケトン体が増えることによって、体液が一時的に酸性化し、吐き気や嘔吐、疲労感などが起こる。(風邪やインフルエンザ、強いストレス下でも同様の症状が出ることがある。)

 

・優れた抗菌作用ゆえに、体内のカンジダ菌(イースト菌)が死滅する時に起きる副反応。

⇒食欲不振、めまい、頭痛、吐き気、のどの痛みなど。

 

・糖尿病の方が急激に大量摂取したら⇒意識障害や場合によっては命の危険もある。

 

スポンサーリンク

 

ココナッツミルクの保存法で気をつけることは?

 

ココナッツミルクは、缶詰のものがよく出回っています。

 

ココナッツミルクの欠点は、ココナッツオイルと違い、日持ちがしないことです。

 

缶を開封したら、出来るだけ使い切りたいところ。

 

でも、残っちゃうことも多いですよね。

 

そんなときは…

 

・密封容器に移し替える。

 

缶詰のブリキ缶は、スチールにスズをメッキしたものが使われています。

 

これは、缶詰を長期保存する際、内容物に微量に含まれる空気により、スズが微量に溶け出し、そのことにより内容物の品質を保持する為です。

 

ちなみにこの微量のスズは、体内に蓄積されることなく排泄されるので、問題ありません。

 

開封されると、外気によりスズがどんどん溶解し、缶自体の腐食が始まるので、缶のまま保存することは、避けたいのです。

 

・冷蔵庫で3日以内に使い切る。

 

・冷凍庫で1週間以内に使い切る。(蓋付き製氷皿やジッパー付きの袋が便利!)

 

本日のまとめ

 

たくさん注意書きをしてしまいましたが、ココナッツミルクは、何も怖がる必要のあるような食品ではありません。

 

私は正直、素晴らしい食品だと思っています。

 

ただどんな食品でも、人によって、また体の状態によって、思わぬ反応が出ることがあるので、いきなり大量に口にするのは控えて、徐々に体の声を聴きながら増やしていき、食べ過ぎ飲み過ぎはしないで、理想摂取量を守ることが大切だと思うのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ