アーモンドの木ってどれくらい成長する?大きさが知りたい!

健康、美容に良くオイルを使ってもケアができるアーモンド。

 

生活に取り入れている方も多いですよね。

 

自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

 

 

桜に良く似た花の咲くアーモンドの木。

 

実際に見ても桜と間違えてしまう方も少なくないと思います。

 

 

ですが、自宅でアーモンドの花が咲いた!というSNSでの投稿も見かけるので、実際に育てている方もいらっしゃるんですね!

 

今回はアーモンドの木はどれくらい成長するのか、大きさなどをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

アーモンドの木ってあるの?

 

armondonki

画像引用元:http://www.hanahiroba.com/fs/hanahiroba/a-mondo

 

食べても健康、美容に良くお菓子作りにも使うことができ、オイルはヘアケア、スキンケア、ボディケアにも使うことができるアーモンド。

 

アーモンドの木ってみたことありますか?

 

 

アーモンドはバラ科モモ属の落葉高木です。

 

ということはアーモンドの木があり、花が咲き、実がなる。

 

それが私達の良く知っているアーモンドになるんですね。

 

アーモンドの原産はアジア西南部で、現在は南ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどで栽培されています。

 

 

もちろん日本でも栽培されているんですよ。

 

 

バラ科モモ属の植物であるアーモンドはサクラやウメ、モモやスモモなどと仲間です。

 

 

なので、アーモンドの性質は桃にとても良く似ているそうです。

 

momo

画像引用元:http://www.zennoh-yamagata.or.jp/fruit/peach.html

 

桃が栽培できる地域ではアーモンドも栽培できるんですよ!

 

自宅で桜のようなキレイな花や健康や美容にいいアーモンドの実が楽しめたら素敵ですよね!

 

 

日本全国で栽培が可能だそうなので、この機会にアーモンドを育ててみてはいかがでしょうか?

 

 

上手く育てれば2.5メートル~5メートルにもなる大きな木です。

 

広い庭のある方は庭でアーモンドでお花見も出来そうですよね!

 

生アーモンドとローストの違い紹介!コストコには売ってる?

 

アーモンドを苗から育てる!

 

アーモンドを育てる際に簡単に始められるのは苗木からではないでしょうか?

 

 

苗はネットなどでも購入ができるようです。

 

 アーモンドの木

画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/hana-online/a-mondo/

 

苗木を植えるのに適している時期は春か秋だそうです。

 

梅雨時期はどうしても湿気が多くなってしまうので、秋に植えるほうが育てやすいかもしれませんね。

 

アーモンドは1~3年目までは寒さにも注意しなければならないので、鉢植えやプランターで始めるのが良さそうです。

 

 

大きく育ってしまえばマイナス5℃前後まで耐えられるそうですよ!

 

 

育ってしまえば少し寒い地域でも庭で育てることができそうですね。

 

 

土は水はけのいい状態を作ってあげるのが良さそうです。

 

赤玉小粒と鹿沼土などを7:3の割合で混合してあげるといい状態の土になるそうです。

 

 

日当たりのいい場所に鉢やプランターを置いてあげて下さいね。

 

基本的には外で栽培して大丈夫ですが、梅雨時期は雨が多く根腐れを起こしてしまう可能性があるそうなので、鉢やプランターは軒下などの直接雨に当たらないところに置いてあげるといいそうですよ。

 

 

冬も外で栽培できますが、氷点下になるなど寒すぎる地域では室内に動かしてあげたほうが良さそうです。

 

 

水やりは土の表面が乾いてからするのがいいそうです。

 

あげすぎてしまうと根腐れしてしまいます。

 

 

またプランター、鉢の下に受け皿はしないようにして下さい。

 

こちらも水が多くなりすぎてしまうので気を付けて下さいね!

 

 

肥料をあげる時期は4~5月、9~10月がいいそうです。

 

有機肥料をあげるといいそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

アーモンドは種からも育てられる?

 

gimonnzyosei

 

アーモンドは種からも育てることができます。

 

 

ですが、普段私達が食べているアーモンドは加熱処理されているものが多いので発芽しません。

 

間違って植えないようにして下さいね。

 

アーモンドの種はなかなか手に入らないそうです。

 

ネットで検索してみましたが、なかなか種の販売情報もありません。

 

 

イベントなどで配っていることもあるそうなので、手に入った方はぜひ種からの栽培に挑戦してみて下さいね!

 

苗木から育てるよりも種から育てる方が難しく上級者向けかもしれません。

 

 

種を植える時期は3月頃が適しているそうです。

 

 

種の前処理として植える前に一晩水に浸けておくと発芽率が高まります。

 

もしくは冷蔵庫に一晩入れておくといいそうですよ!

 

根をしっかり作らせる為にも最初は鉢やプランターに植えるのがいいそうです。

 

種一粒に6号鉢以上の大きさがあるといいですよ。

 

土は水はけの良い状態にしておいたほうがいいので、プランターや鉢の底に防虫網を敷いて軽石などを入れます。

 

土は赤玉小粒、鹿沼土を7:3の割合で混合させて入れます。

 

地植えにする場合は腐葉土を混ぜて盛り土をして水はけを良くしてから植えて下さいね!

 

種は3~4cmくらいの深さに植えます。

 

植えた直後はたっぷりと水を上げて下さい。

 

 

苗木の時と同じように鉢やプランターの場合は下に受け皿を引かないように気を付けて下さいね。

 

種上後1ヶ月半~2ヶ月ほどで発芽します。

 

発芽までが少し長いですが、発芽するまでもとても楽しみですよね!

 

発芽してからは苗木同様、水のやりすぎ、梅雨時期の雨、寒すぎる気温には気を付けてあげて下さいね。

 

 

アーモンドはモモととても良く似ている為、つきやすい害虫も似ているそうです。

 

 

コスカシバ、アブラムシ、オビカレハなどが付きやすくなります。

 

 

駆除の仕方もモモと同じ方法でいいようです。

 

コスカシバは5月末~9月末まで毎月1回スミパイン乳剤を100~300倍に薄めて噴霧することで対策ができます。

 

 

アブラムシは4~6月に発生します。

 

見つけたら早めに枝ごと切り取ってしまうか、霧吹きなどで水をかけて飛ばして駆除します。

 

 

オビカレハは産み付けられた卵を剪定の際に切り取ってしまいます。

 

また群生している幼虫をテント状の巣ごと除去することでも対処できます。

 

オビカレハが幼虫のうちに薬をまいて駆除するのも効果的だそうですよ!

 

せっかく大切に育てるアーモンドなので、害虫対策もしっかりしたいですね。

 

素焼きアーモンドの保存方法は?カロリーや栄養はどんな感じ?

 

本日のおさらい

 

今回はアーモンドの木について、どれくらい成長するのか、

 

苗木からの育て方や種からの育て方、育てる際の注意点などをご紹介しました。

 

 

アーモンドは花がキレイなのでガーデニングなどでも人気が出てきているようです。

 

 

アーモンドの花を自宅で楽しめるのは素敵ですよね!

 

アーモンドの花でお花見も楽しめそうですし、庭などに綺麗な花が咲いているだけでも優しい気持ちになれます。

 

 

大きく成長するアーモンドですが、上手に育てて花だけではなく食用としても利用できればもっと楽しめますよね!

 

 

自分で育てるのは手入れも必要なので大変だと思いますが、その分愛着も沸きそうです。

 

 

私も今年は家庭菜園などを楽しみたいと思っているので、アーモンドも候補の一つに入れようと思います。

 

アーモンドの栽培を考えている方はぜひ今回の記事を参考にしてみて下さいね!

 

栽培も楽しいですが、時間や手間をかけず美味しいアーモンドを食べたい!という方は、下記のアーモンドがおすすめです。

 

ナッツやドライフルーツが本当に種類豊富で目移りしてしまいますよ。

 

自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

 

 

売り切れになってしまっていることも多いので、気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ