8時間ダイエットとは?驚きの効果とやり方まとめ!

ダイエットも、色々提案されていますが、「なかなかどれも長続きしなくて…。」という声をよく聞きます。

 

これには、一体どんな原因があるのでしょう?

 

・空腹感に耐えられない。

 

・すぐに効果が出ない。

 

・やり方や管理が面倒くさい。

 

・体がしんどくて、元気がなくなってしまう。

 

・家族との団欒時に、同じ食事が摂れない。

 

他にも、もっとあるかもしれません。

 

とにかく、簡単に続けられないと、ダイエットは難しいのです!

 

そこで今回は、8時間ダイエットという、とても簡単で、健康法とも言えるダイエット法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

8時間ダイエットとは?

 

8diet

画像引用元:http://rakuyase-diet.jp/archives/2968

 

8時間ダイエットとは、アメリカのデイビット・ジンチェンコ氏の著書「The 8−Hour Diet」の中で紹介され、話題となったダイエット方法です。

 

8時間ダイエットの方法は、至ってシンプルで、1日24時間中、食事をしていいのは、8時間の間だけで、残りの16時間は、食べ物は一切摂らないという方法です。

 

私達の体では、消化酵素と代謝酵素というものが生成されています。

 

簡単に言えば、人が物を食べて、それを消化する時に必要なのが、消化酵素。

 

体の新陳代謝やエネルギー消費、免疫活動など、生きていくためにエネルギーを消費することに関わるのが消化酵素です。

 

この2つは、密接に関係していて、消化酵素が多く使われると、代謝酵素は減り、代謝酵素が多く使われると、消化酵素が減るという関係になっています。

 

例えば、病気をすると、食欲が落ちますね。

 

それは、体が消化酵素を抑え、代謝酵素をたくさん生成して、体の悪い所を治そうと働きかけているからなんです。

 

昔から、病気の時はおかゆなどの胃腸に負担をかけない食事にするという考え方がありますが、これは非常に理にかなっているのです。

 

酵素といえば、もう一つ食物から摂れる酵素があります。これを食物酵素といいますが、栄養のバランスを考えて食事を摂ることは、この食物酵素を効果的に摂り入れることにつながるのです。

 

さて、少し話がそれたようですが、実はこの8時間ダイエットは、食事を摂る時間帯を分けることに大きなポイントがあります。

 

16時間の間、食事を摂らずに、胃腸を休め、代謝酵素を活発に働かせることで、健康にエネルギー消費を行えるということなんです。

 

代謝酵素優位で働くので、風邪予防にもつながりますし、お肌の調子も整います。

 

8時間の間しか食べませんので、結果的に摂取カロリーが減り、代謝が良いので、内臓脂肪の量も落ちてきて、健康に繋がるのです。

 

 

8時間の考え方は、朝食を抜いて、食事の時間を昼食の12時スタートとすると、夕食を8時までに食べ終わった後は、翌日の昼食まで何も食べない、というスタイルです。

 

もちろん、8時間の間に食事を済ませるので、朝食重視の方なら、朝7時に朝食で食事をスタートさせれば、15時までにその日の食事を終了させればいいわけですから、それぞれの生活スタイルに合わせて行うことができます。

 

ただ、食事をしない16時間のうちに、睡眠時間を持ってくることで、ダイエット中の苦痛の原因である「空腹」と戦う時間を簡単に減らすことができるため、朝食抜きの昼食スタートを実践される方が多いのです。

 

基本的に、食べることの出来る8時間の間は、いつも通りの食生活を送ることができますので、「我慢している」という感覚が抑えられ、ストレスを最小限にダイエットに取り組めるというわけなんです。

 

どうですか?これなら続けられそうじゃありませんか?

 

スポンサーリンク

 

8時間ダイエットの驚きの効果は?

 

もちろん、人には個人差がありますが、普段から1日3食を摂って生活されている方なら、たった1週間で、数キロ痩せます。

 

1日1回の軽い有酸素運動と、簡単な筋トレを並行して行えば、さらに効果は上がります。

 

また、続けるうちに風邪をひきにくくなったり、お肌の調子がよくなったり、便秘が改善されたりと、ダイエット以外の効果でも実感されることが、多くあるはずです。

 

 

ただし、ダイエットの設定時間や食べられる時間の食事内容には、注意が必要です。

 

例えば、午後2時から食べられる時間が始まり、午後10時までが終了時間とします。

 

10時ぎりぎりまで食べていて、即寝るということでは、食べたものをエネルギーとして消費できません。

 

寝る少なくとも2時間前、理想を言えば、4時間前までに食事を終わらせたいものです。

 

また、8時間の間に食べるものも、栄養バランスに気をつけて食べる必要があります。

 

・卵や脂身の少ない肉

・乳製品

・ナッツ類

・豆類

・ベリー系の果物

・色の明るい果物

・玄米などの穀物

・葉野菜

 

などです。バランスの取れた栄養を摂り入れることで、健康的にダイエットが出来るのです。

 

そして、食べない時間には、カロリーのない水やお茶を、一気飲みではなく、少しづつ多めに飲むことで、代謝が上がります。

 

こういったことに気をつけて、暴飲暴食にならなければ、8時間の間なら、お酒だって飲めますし、ある程度自由な普段通りの食事を摂れながら、痩せて健康になれる!

 

それが、8時間ダイエットの魅力なのです。

 

 

8時間ダイエットのやり方まとめ!

 

1日24時間を食べる時間8時間と、食べない時間16時間に分けて考え、食べる時間には、栄養バランスを考えて、8種類の栄養はきちんと摂り入れながら、普段通りの量の食事を楽しむ。

 

そして、食べない時間は、水やお茶といったカロリーのない水分を少しづつ多めに摂るよう心がける。

 

決して暴飲暴食に走らない。出来れば、1日1回の軽めの有酸素運動と簡単な筋トレを行う、

 

寝る直前まで食べないなど、通常健康に気をつけるべきこと行えば、代謝が上がり、ダイエット効果だけでなく、健康にも良い影響がある。

 

と、いうことでした。

 

みなさんも是非、お試しあれ!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ